スキンケア

50代に私のおすすめのクレンジング料ご紹介

優しいクレンジングを実践する50代女性のイメージ

50代のクレンジング料選びとは?

50代を迎えると、40代に比べてますますお肌の悩みや衰えを実感しますね。
また、お肌の老化に加え、更年期を迎える時期でもあり、女性ホルモンの減少によるからだの不調や心理面での変化を感じている方も多いのではないでしょうか。
そのため、50代では、より刺激の少ないエイジングケア化粧品に切り替える必要があります。
もちろん、肌への負担の大きなクレンジング料もやさしいタイプを選びたいですね。

では、そんな50代では、どのようなクレンジング料を選べばいいのでしょうか?
この記事では、「50代に私のおすすめのクレンジング料ご紹介」をテーマに、50代の肌の変化に合わせたやさしいクレンジング料の選び方をご紹介します。また、おすすめのクレンジング料についてもご紹介します。

50代のお肌は老化が進んでいる?

50代といえば、ちょうど更年期のまっただ中ですね。
お肌の老化にはさまざまな原因がありますが、特に50代では更年期を意識したからだのケアやエイジングケアが大切です。
更年期になると、卵巣機能の衰えが増し、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少して、からだや心理面でさまざまな変化が起こります。
また、50代では、女性ホルモンが激減するので、からだのあちらこちらに不調が出てきます。
さらに、50代になると、ほうれい線やたるみ毛穴といった代表的なエイジングサインのほかに、次のような肌老化や肌悩みを実感する人が多くなってきていることと思います。

 お肌の保水力が弱ってきて、お肌が乾燥する。
 エストロゲン量の急激な低下にともない、お肌のハリや弾力不足を感じる。
 目の下のクマも目立つので、老けた印象が強くなってきた。
 しわやたるみによって、お肌がくすんだ印象から抜け出せない。
 肝斑や老人性色素斑などのシミが目立つ。
このように、50代になると、女性ホルモンの分泌の減少で、お肌を取り巻く環境も著しく変化するのです。

50代のお肌とクレンジングの関係は?

クレンジング料に限らず、どんなスキンケア化粧品を選ぶ時も基本となるのは、自分自身の肌質やお肌の状態をきちんと把握することが大切です。
50代になると、肌のターンオーバーも一般的な28日ではなく、もっと長い期間を必要とします。
一般的に35歳以降は、年齢×1~1.5倍程度の期間が目安になります。

45歳:45日~68日
50歳:50日~75日
55歳:55日~83日
60歳:60日~90日

ターンオーバーが遅くなるということは、表皮の新陳代謝機能も低下しますので、肌のバリア機能が低下します。
そのため、肌の表面にある角質層は、古い皮脂などの影響で厚くなりがちです。

また、若い時に比べて乾燥しやすいという特徴もあります。
うるおいが減ってしまうため、肌のキメも粗くなりがちで、毛穴の開きなどのトラブルも生じやすくなります。
クレンジングは肌の負担になりますが、しっかりとメイクや汚れを落とすことで、ターンオーバーの正常化に役立ちます。
だから、50代のクレンジング料は優しいだけでよいわけではありません。

たとえば、肌の水分量は、5歳を迎えるころから減少し、30代、40代、50代と減少が続きます。
ある日突然何かの肌トラブルの原因になるというより、少しずつ乾燥肌傾向になっていくのです。

一方、お肌の水分の蒸散量、つまり水分がお肌から蒸発して失われる量も、年齢とともに減りますが、これは角質が肥厚していくことが原因です。
だから、50代では洗顔やクレンジングでメイクや汚れをしっかり落としつつも、潤いのもととなる成分である天然保湿因子やセラミドなどを流し過ぎないことも大切です。

タイプ別50代にオススメのクレンジング料をチェック!

1)50代では油脂系のクレンジングオイルがおすすめ
クレンジングオイルは、一番洗浄力が高いタイプです。
クレンジングオイルの安価な製品の多くはミネラルオイルやエステル系オイルを使っています。
これらは脱脂力が強く、濃いメイクも比較的簡単に落とせます。
ただし、洗浄力が高いということは、本来お肌に必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥肌の原因になってしまうこともあります。
つまり、ミネラルオイルやエステル系オイルは、50代のエイジングケアには控えたい成分です。

2)50代ならクレンジングリキッドはより優しいものを
油分が少なく、水分が多めのリキッドタイプのクレンジング料は、サラッとしたテクスチャーが特徴です。
オイルタイプに次いで洗浄力が高く、洗い上がりがさっぱりしています。
濃いメイクも落とせますが、比較的強い界面活性剤が使われている場合も多いので、一般的には50代のエイジングケアにはあまりオススメできないタイプです。

3)50代でも使える水性のクレンジングジェル
粘りのあるテクスチャーが特徴的なのがクレンジングジェルです。
ジェルタイプは、濡れた手でも使用できるものもあり、肌に伸ばしやすいことから余計な摩擦を抑えられるなどのメリットがあります。
また、クレンジングジェルには水性タイプと油性タイプの2種類があり、さらに水性タイプは、「オイルイン」と「オイルフリー」があります。
水性のものは、肌への刺激が少なく優しい使い心地ですが、油性のものよりメイクを落とす力は低くなります。
だから、ナチュラルメイクの方は、水性タイプのクレンジングジェルが50代のエイジングケアにはオススメです。

4)50代は洗い流すクリームタイプもおすすめ
油分と界面活性剤のバランスがよいのがクレンジングクリームで、50代でも使いやすいタイプの1つです。
洗浄力は高いとはいえませんが、ナチュラルメイクなら十分落とせますし、お肌への負担も少ないです。
また、クリームなのでお肌に密着してのばしやすく、摩擦を少なくしてメイクを落とすことが可能です。

クレンジングクリームは、ふき取るタイプと洗い流すタイプがありますが、洗い流すタイプのほうが、摩擦によるダメージを避けることができるので、50代にはこちらがオススメです。

5)ミルクタイプはなめらかな使い心地でおすすめ
敏感肌や乾燥性敏感肌、乾燥肌の人も使いやすいミルクタイプは、50代にもオススメのクレンジング料です。
洗浄力はやや弱いですが、皮脂を落とし過ぎず、お肌のうるおいは残したまま汚れだけを落とすというメリットがあります。
ただし、ベースメイクが落とせる程度の洗浄力なので、ポイントメイクを落とす場合には、ほかのタイプを使う必要があります。
濃いアイメイクなどは、ポイントメイク専用のクレンジング料で落としてから使用するなど、使い方を工夫しましょう。

6)バームタイプは配合成分に気をつけて
クレンジングバームは、クリームタイプとオイルタイプのよいところを組み合わせたタイプのクレンジング料です。
容器に入っている状態では固形で、体温で溶けて肌になじむとオイル状に変わります。
手早く確実にメイクを落としたい人には特にオススメのクレンジング料ですが、50代でバームタイプを使う場合は、配合されるオイルと界面活性剤が優しいタイプのものを選びましょう。

7)シートタイプの普段使いはNG
拭き取るだけでメイクオフができるシートタイプは、時間がない時や旅行の際に使うには便利なクレンジング料です。
しかし、拭き取る際にお肌をこすってしまい、摩擦による肌ダメージを受けやすいというデメリットがあります。
50代に限らずシートタイプの普段使いは控え、必要な場面でのみ使いましょう。

8)ポイントメイク専用タイプは注意が必要
目元や口元の濃いメイクもしっかり落としてくれるのがポイントメイク専用タイプです。
高い洗浄力がありますので、部分的に使用するのは有効ですが、刺激には注意が必要です。

50代で気をつけたいのはクレンジング方法

50代では、クレンジングの際には基本のポイントを守って、正しい方法で行うことが大切です。
次のポイントをチェックしましょう。

 メイクを落とす前に手を洗う
 ポイントメイクは先に落とす
 クレンジング料は手を乾かして使う
 使用量をしっかり守る
 Tゾーンから、頬、目や口のOゾーンの順で行う
 メイクをしているパーツに満遍なく馴染ませる
 すすぎは、ぬるま湯(30度〜35度程度)を使う
 所要時間は、すすぎを含めて40秒~1分程度
 クレンジング後は、清潔なタオルで優しく水分を拭き取る

以上の基本に加え、50代では肌への摩擦を避けることや洗いすぎや過度なクレンジングにも注意しましょう。

50代におすすめしたいクレンジング料は?

50代のエイジングケア世代におすすめしたいのは、お肌に優しいアミノ酸系クレンジングジェル「ナールス エークレンズ」です。
ナールス エークレンズは、皮膚科医監修。

アーチチョーク葉エキスを配合することにより、毛穴のたるみ、開き、詰まり、いちご鼻、ザラつきなどの悩みにアプローチし、毛穴の目立ちにくいお肌に導きます。

<ナールス エークレンズのポイント>

◎水性のオイルフリーのクレンジングジェル

◎アミノ酸系界面活性剤であるラウロイルグルタミン酸Naが主な洗浄成分なので、お肌に負担の少ないクレンジングが可能

◎粘りのあるジェルがお肌に密着し、汚れをしっかり落としながらも優しく洗い上げる

◎クレイ(海泥)が毛穴の汚れを吸着し、優しく落としながら、毛穴が目立ちにくいお肌をサポート

◎ナノサイズまで小さくした金がお肌の老化の原因となる活性酸素を除去

◎10の無添加(無香料、無着色、無鉱物油、オイルフリー、アルコールフリー、パラベンフリー、フェノキシエタノールフリー、石油系界面活性剤フリー、PG・DPGフリー、旧表示指定成分フリー)を実現
◎マツエクもOK

◎W洗顔は原則不要

まとめ

50代のエイジングケア世代のお肌の変化をご説明するとともに、クレンジング料選びのポイントをご紹介しました。

また、50代のクレンジングにオススメしたいお肌に優しいクレンジングジェル「ナールス エークレンズ」についてもご紹介しました。

この記事「50代に私のおすすめのクレンジング料ご紹介」を参考に、50代のお肌にぴったりのクレンジング料を選んでいただければ幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
サイト管理者のちさと

ちさと

管理人のちさとです。ビューティーアドバイザーとして都内の百貨店に勤務しているアラサーです♪このブログでは、ダイエットをはじめ美容や健康に興味のある女性向けに役立つ情報を紹介しています。今年こそ本気で痩せたいぞ~って方は、ぜひ記事をチェックしてみてください。

よんでほしい記事

オクラ水の効果 1

今回は、ドロドロな血液や高血糖の改善に効果的といわれるオクラ水の効果と口コミ、またオクラ水の作り方を紹介します。 血流が悪化する原因の多くは、普段の食事だといわれています。つい外食が多くなってしまった ...

クリスタルガイザーを飲む女性 2

市販されているミネラルウォーターの中でも安くて人気のある「クリスタルガイザー」ですが、巷では「体に悪いのかも?」と噂されることがあるようです。 いっぽう、クリスタルガイザーを毎日飲んで「ダイエットでき ...

バタフライピーのダイエットと美容効果 3

バタフライピーは「美人をつくる青いお茶」として、美容や健康を考える女性を中心に人気です。 でも、バタフライピーを飲んではいけない人もいたり、飲み方には注意が必要です。 そこで、バタフライピーの効果的な ...

コントレックス 4

コントレックスは健康や美肌、ダイエットに効果があるといわれている人気のミネラルウォーターです。 ダイエットに関心があって、「コントレックス」という名前だけは聞いたことあっても、本当に効果があるのか分か ...

-スキンケア

© 2022 ヘルティワン |美容や健康、ダイエットを目指す女性のためのメディアサイト Powered by AFFINGER5