スキンケア

化粧水の正しい使い方

化粧水を正しく使うエイジングケア世代の女性の写真

化粧水の美肌効果を得るためには?

化粧水は、ふだんのスキンケアやエイジングケアに使われているもっとも身近なアイテムではないでしょうか。

また、化粧水は、洗顔後に真っ先に使うことが多いアイテムです。

正しい使い方やつけ方を理解していないと、せっかくの美容成分がお肌に浸透しないばかりか、お肌を傷つけてしまうことにも。

シンプルだけに使い方にも気をつけないと、期待した美肌効果を得ることができませんよね?

そこで、この記事では、「化粧水の正しい使い方」をテーマに、正しいエイジングケアのために、美肌効果を高める化粧水の正しい使い方やつけ方について解説します。

化粧水の役割って?

化粧水の使い方やつけ方を理解する前に、そのほかの基礎化粧品との役割の違いを理解しておきましょう。

化粧水の基本的な役割は、うるおいをもたらし、お肌のキメを整えることです。

また、化粧水には、角質層を柔軟にすることで、美容液や乳液、保湿クリームなど、次に使う化粧品の浸透性を高める役割もあります。

これが化粧水の役割の基本であり、化粧水を使う目的であるといえます。

つまり、乾燥肌対策の1つです。

スキンケアの最初は洗顔ですが、洗顔後なにもしなければ、お肌の水分は蒸発してしまいます。

そのために、洗顔後に、化粧水で水分や保湿成分などを与えるのです。

また、スキンケアにおける位置づけとしては、「水分を与える(Give Water)」「水分を保持する(Keep Water)」「水分の蒸発を防ぐ(Cover Water)」の3つの役割のうち、化粧水は、「水分を与える(Give Water)」と「水分を保持する(Keep Water)」がその役割です。

化粧水にはどんな成分が配合されているの?

化粧水は、水分が主体なので、得意なのは水溶性成分を角層に届けることです。

そのため、油性成分が多く含まれることは、あまりありません。

よく配合されるのは、グリセリン、BG、ヒアルロン酸、プロテオグリカンなどの水溶性成分です。

これらは、ヒューメクタントまたはモイスチャライザーとも呼ばれます。

また、エイジングケア化粧水ならば、ナールスゲンやビタミンC誘導体などが配合されますが、これらも水溶性成分です。

さらに、最近では、水にも油にも溶ける両親媒性ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)や3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸、両親媒性ビタミンE誘導体トコフェリルリン酸ナトリウムも化粧水で使われます。

これらの成分は、化粧水に配合されることで、洗顔後の、皮脂膜などお肌に油分の少ない状態のときに届けられます。

化粧水の使い方とつけ方のポイント

化粧水は、クレンジングや洗顔後、真っ先に使うものです。
最近では、美容オイルなどを真っ先に使うような美容法もありますが、化粧水で先に水溶性成分を肌に届けることが使い方の基本です。

より美容効果を高めるための化粧水の使い方やつけ方をご紹介します。

①使用量
化粧品会社の説明に従っていただくのが基本ですが、多くは適量と説明されています。

顔の大きさによっても少し異なりますが、1回の使用量は、500円硬貨大くらいの量です。

化粧水のボトルの穴の大きさにもよりますが、5回~7回程度振った量です。

バシャバシャと大量に使っても経済的な無駄になりますし、乾燥肌の原因になるので必ず適量を意識しましょう。

②化粧水をつける前に
当たり前のことですが、手を清潔にしておきましょう。

洗顔後なので、大丈夫だと思いますが、洗顔料などが手についていないかチェックしましょう。

気になるなら、ハンドソープや石鹸をつかって、キレイにしましょう。

次いで、洗顔後、しっかり水分をふき取っておきましょう。

同じ「水」なのにと思うかもしれませんが、化粧水の美容成分は水溶性なので水でさらに薄まってしまうリスクもあります。

化粧水をつけるタイミングは、洗顔後、できるだけ時間をおかずにつけましょう。

化粧水は、顔以外にも首やデコルテ、手肌に使ってもOKです。顔以外もスキンケアしましょう。

このようにして化粧水をつけた後には、美容液を使いましょう。

こんな使い方やつけ方はNG!

 手のひらでパシャパシャと何度も大量に使う
 コットンでパタパタとたたいたり、擦ったりする
 開封して半年以上経ったものを使う
 化粧水をケチって少なく使う
 秋や冬でも化粧水の後に何もつけない
 収れん化粧水や拭き取り化粧水を毎日使う

こんな化粧水の使い方やつけ方は、NGです。

刺激になる使い方や品質のリスクのある状態で使うのは避けましょう。

また、化粧水の使い方でよく議論になるのは、手で使うほうがよいのか、コットンのほうがよいのかです。

さまざまな考え方がありますが、正しい使い方ができるなら手でもコットンでもかまいません。

ただし、強いパッティングなどはシミや赤ら顔のリスクにもなってしまうので気をつけてくださいね。

まとめ

スキンケアの大切なアイテム化粧水について、その役割をご説明するとともに、美肌のための使い方やつけ方をご紹介しました。

この記事「化粧水の正しい使い方」を参考に、化粧水の持つ力を最大限にいかした使い方やつけ方で、スキンケアやエイジングケア効果を高めてくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
サイト管理者のちさと

ちさと

管理人のちさとです。ビューティーアドバイザーとして都内の百貨店に勤務しているアラサーです♪このブログでは、ダイエットをはじめ美容や健康に興味のある女性向けに役立つ情報を紹介しています。今年こそ本気で痩せたいぞ~って方は、ぜひ記事をチェックしてみてください。

よんでほしい記事

オクラ水の効果 1

今回は、ドロドロな血液や高血糖の改善に効果的といわれるオクラ水の効果と口コミ、またオクラ水の作り方を紹介します。 血流が悪化する原因の多くは、普段の食事だといわれています。つい外食が多くなってしまった ...

クリスタルガイザーを飲む女性 2

市販されているミネラルウォーターの中でも安くて人気のある「クリスタルガイザー」ですが、巷では「体に悪いのかも?」と噂されることがあるようです。 いっぽう、クリスタルガイザーを毎日飲んで「ダイエットでき ...

バタフライピーのダイエットと美容効果 3

バタフライピーは「美人をつくる青いお茶」として、美容や健康を考える女性を中心に人気です。 でも、バタフライピーを飲んではいけない人もいたり、飲み方には注意が必要です。 そこで、バタフライピーの効果的な ...

コントレックス 4

コントレックスは健康や美肌、ダイエットに効果があるといわれている人気のミネラルウォーターです。 ダイエットに関心があって、「コントレックス」という名前だけは聞いたことあっても、本当に効果があるのか分か ...

-スキンケア

© 2022 ヘルティワン |美容や健康、ダイエットを目指す女性のためのメディアサイト Powered by AFFINGER5